株式会社アソー Aso Corporation



1.レンズの偏芯測定・芯出し作業の変革!

2.ローコスト、省スペース設計の偏芯測定システム!

3.コリメーター方式の<無限光学系>を採用し測定者
  による誤差を解消!

4.モーター回転ステージを併用し小径レンズの測定が
  容易に可能!

5.校正原器で装置校正が可能!


6.新開発解析ソフト
  <ASOPT1ver2>により
  測定精度が飛躍的に
  向上!




従来のレンズ偏芯量測定機は測定精度に課題が多く、中々満足の行く装置は
ありませんでした。高精度タイプは装置サイズも大きく、又実際の製品検査や加工
現場では使うにはコストが課題となっている様です。
一方現在現場で多用されている<偏芯顕微鏡>は検出能力に限界があり、『1′以下』
若しくは『30秒以下』と言う様な大まかな値しか出せていない様です。

『レンズ製造の現場で求められる“偏芯測定”を根本的に向上させる事は出来ないものか?』

これが本装置の開発の原点です。
ここにご紹介する㈱アソー製『CS−A1100』は高精度測定でありながら
コストパフォーマンスに優れ作業現場で使える様、様々な工夫がなされております。

画期的な特徴は下記です。

特徴その1・・・クロスラインの表示

ターゲット線像の光度ピークを捕えクロスライン(赤の輝線)へ変換し測定者誤差を皆無へ

十字線ターゲット像
十字線ターゲット像

クロスライン
クロスライン


特徴その2・・・自動と手動測定

<自動測定>
レンズ回転によるクロスライン交点の軌跡と移動量
から偏芯量を演算
一定時間間隔ごとのデータ取得により最少二乗法に
よる円を近似し、その直径を自動計算

※最少読み取り表示は1″

交線の軌跡
交線の軌跡

<手動測定>
レンズを回転し、クロスラインの一番左の位置と
一番右の位置を測定者自身が設定し、偏芯量を
求めるモードです。特にレンズ貼り合わせ作業で
は大きな威力を発揮します。



特徴その3・・・目盛幅が一定

コリメータ方式を採用する事でどんなレンズを測定しても1目盛の幅は一定になっています(直読式)。従って換算値を代入する必要はありません。

目盛スケール
目盛スケール


特徴その4・・・レンズ間隔や焦点距離の代入が不要

従来機では対物レンズと測定レンズの間隔、そしてレンズの焦点距離の代入を行っておりました。これでは同じ測定機を使ってもデータの相関が取れません。この測定機ではそういう代入作業を一切不要としました。

特徴その5・・・凹凸レンズ双方の測定が可能

レンズの凹凸に関わらず測定が可能です。短焦点レンズから∞間までの幅広い測定が可能です。

特徴その6・・・・バルサム接合作業用十字スケール

接合作業には十字スケールを使います。許容値、第一スケール、第二スケールと全ての幅の変更が可能でクロスライン交点を目標とするスケールの中に追い込めば作業が簡易化できます。



特徴その7・・・レンズ以外の測定も可能

平行平面硝子の平行度確認やビームスプリッターの偏角測定、接合作業にもご使用頂けます。

プリズム・平行平面の偏角測定
プリズム・平行平面の偏角測定


特徴その8・・・簡易PCでも操作可能

解析用PCは簡易なモバイルPCでも作動可能です。

標準3本爪ステージ仕様
標準3本爪ステージ仕様

モーターステージ仕様
モーターステージ仕様


特徴その9・・・検査成績書の作成機能

測定データをCSVファイルに保存できます。
このデータをエクセルで作ったシートに貼り
付ければその場で検査成績書が完成します。

検査成績書(エクセル)
検査成績書(エクセル)


特徴その10・・・極短焦点レンズ測定用ユニット

焦点距離の短いレンズを測定できるレンズユニットです。補正レンズ無しでプラスは+10~+1.5mmまで、マイナスは15~1.5mm間での像をキャッチできます。有効径もφ2mmから測定可能となります。

極短焦点レンズ測定ユニット LU-1
極短焦点レンズ測定ユニット LU-1










料金についてはお問い合わせ下さい。
お問い合わせはこちら

株式会社アソー
〒174-0041
東京都板橋区舟渡3-5-8-301 板橋区立第一工場ビル
TEL: 03-3969-0021 FAX: 03-3558-0021
.